未知へのシュプール   

     - Biography of a skialpinist-

今シーズンは?

そろそろ雪の便りが聞こえてきました。
今シーズンも期待が膨らみます!雪いっぱい降ってほしいですね。

マッシュ絡めてリッジ攻めるぞー。
帰らず

昨シーズン(2010-2011)の総括を少し。
主な成果
・日光白根山東面中央ルンゼ(12月末)
・磐梯山東壁中央ルンゼ(2月初)
・不帰Ⅱ峰北峰ルンゼ(2月中)
・常念岳東面ダイレクト(2月下)
・唐松岳Dルンゼ(3月下)
・南岳東面右ルンゼ(4月初)
・西穂高岳西穂高沢ダイレクト(4月上)
・黒部川奥ノ廊下横断(薬師岳東壁2ルンゼ、水晶岳西面北峰ルンゼ)(GW)
・剣岳インディアンクーロワール(5月上)
・立山別山北東面真砂沢右俣(5月上)
・杓子岳尾根東面北東ルンゼ2(5月中)
・富士山白草流し、小御岳流し(5月下、6月上)

日光白根と磐梯山は小粒ながらなかなか見栄えのするルンゼの厳冬期初滑降をやれた。日光白根は初見、磐梯山は2回目だった。

不帰Ⅱ峰北峰ルンゼは宿題となっていたライン。ソロでよい緊張感を持って滑れた。(以上3つの記録は12月発売のベルクシーロイファーに載せましたのでご覧ください)

散々苦しめられた常念は2月のラストチャンスに賭けた。やっと山の女神がほほ笑んだ。ワンデイ、ソロで山頂からのコンプリート・スキーディセントに成功した。念願であった美しい東面に会心のシュプールを刻めて満足した。振り返ってみるとこれがシーズン1の成果だった。

南岳は2回目のトライ。東に落ちるの芸術的ともいえる印象的なスノーフェイスの滑降を狙ったが右ルンゼを滑るに留まった。

西穂の東面ダイレクトも宿題だった。陽光の中、仲間と課題を無事成就できた。

GWは恒例の黒部横断。昨年果たせなかった薬師東面2ルンゼを滑降、立石奇岩で横断してオリジナルなラインを引いた。2ルンゼのシチュエーションは実に素晴らしかった。そしてこれも積年の課題だった水晶西面にようやくシュプールをつけることができた。

GW明けは剣、立山、杓子とクラシック・スティープを滑り、そして富士山のルンゼ滑降で最後まで緊張感のある滑降を堪能して終幕とした。

例年と同様に敗退山行も多かったが、スキー伝来100周年の記念すべき年の成果としてまずまずのシーズンだったといえよう。

<使用ギア>
スキー:BDメガワワット、フォルクル・マントラ、ベクター・コルドヴァ
ビンディング:TLT12
ブーツ:ディナフィットzero4、TLT5Carbon
ストック:BDウィペット他






スポンサーサイト
  1. 2011/10/26(水) 16:27:05|
  2. ・Ski mountaineering
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今シーズンのギアは? | ホーム | 2011 Sep. 奥利根・小穂口沢本沢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skialpinist.blog92.fc2.com/tb.php/82-c4c7e16b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

skialpinist

Author:skialpinist

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
・Andes (5)
・Ski mountaineering (170)
・Kurobe ski traverse (10)
・Alpine (48)

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR