未知へのシュプール   

     - Biography of a skialpinist-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2005 early March 奥利根スキー横断

過去の記録から会心の一本をご紹介します。

6年前の2005年、この年の雪の降り方は尋常じゃなかった。豪雪がようやくおさまった直後の3月初旬、故矢本氏と積年の課題、奥利根スキー横断を敢行した。三国川ダムから国境稜線を越え、利根川本流を越後沢出合で横断。平ヶ岳を経て尾瀬ヶ原へと抜ける。

純白のブライダルベールに包まれた奥利根の山と谷を繋いだ夢のような4日間。奥利根の内院に会心のバージントラックを刻むことができた。


okutone3.jpg

2日目、マイナー名山、ネコブへの登り。バックは越後のジャイアント、中ノ岳。



okutone4.jpg

ネコブから純白の上銅倉沢の滑降は一つのメルヘンだった。



okutone1.jpg

国境稜線、本谷山からあの越後沢左俣にビッグターンを刻む。



okutone5.jpg

オーバーヘッド!



okutone9.jpg

3日目、利根川本流をひとまたぎで横断。歩き尾根から昨日滑った越後沢の大斜面を望む。



okutone7.jpg

そして剣ヶ倉へ。北面の美しく蒼きクーロワール・・・ここは以前一度、単独でトライしたのだが・・・。



okutone8.jpg

4日目もラッセルだった。平ヶ岳から景鶴山を経てケイズル沢を滑降し、尾瀬ヶ原へと抜ける。


okutone22.jpg

奥利根横断最後のピーク、景鶴山頂直下にて。横断成功を確信する。


okutone10.jpg

奥利根へのオマージュ。もうこれ以上のものは望めないだろう。素晴らしい横断スキーだった。


やもちゃん有り難う!
そして純白の美しい奥利根の女神にただただ感謝。


スポンサーサイト
  1. 2011/02/09(水) 23:25:22|
  2. ・Ski mountaineering
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2011 Feb. 白馬周辺ワンデイツアー | ホーム | 2011 Feb. 磐梯山東壁中央ルンゼ>>

コメント

cool!!

ちょくちょくブログ読ませていだいてます。
  1. 2011/02/10(木) 00:31:16 |
  2. URL |
  3. けんじり #-
  4. [ 編集 ]

けんじり君、サンクス!
そちも結構いい山やってるね!
  1. 2015/03/11(水) 15:11:33 |
  2. URL |
  3. skia #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skialpinist.blog92.fc2.com/tb.php/49-d3028121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

skialpinist

Author:skialpinist

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
・Andes (5)
・Ski mountaineering (170)
・Kurobe ski traverse (10)
・Alpine (48)

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。