未知へのシュプール   

     - Biography of a skialpinist-

2017GW 前穂高岳奥明神沢ダイレクト〜南西ルンゼ滑降

前穂高岳南西面・奥明神沢支流には幾つかのスティープなルンゼラインが展開する。その中でも未知の課題の一つ、前穂山頂から一般ルートである前穂ダイレクトライン最上部を滑ってから、スキーヤーズライトのリッジを越えた先に展開する南西ルンゼを滑降してきました。その内容は幅広ルンゼでアルペン的な景観も実に素晴らしく、奥明神沢への合流手前には50度のスティープセクションありと変化に富んだ好ラインでした。
前穂南西ルンゼline
西穂からの前穂高岳南西ルンゼ滑降ライン




前穂南西ルンゼ1
前穂山頂から先ずはダイレクトルンゼにドロップ。




前穂南西ルンゼ2
最上部のセクションを滑降。雪質はグリップのある堅雪だ。



前穂南西ルンゼ3
右手のリッジを越えて南西ルンゼに滑り込む。




前穂南西ルンゼ4
幅広のルンゼに快適なシュプールを刻む





前穂南西ルンゼ5
アルペン的な景観の中、縦横無尽に滑降する。





前穂南西ルンゼ6
西穂バックに中間リッジを滑降




前穂南西ルンゼ7
最後のスティープセクションをペダルターンでクリアすれば奥明神沢本谷に合流する。

ここ、なかなかに素晴らしいラインです。但し、くれぐれも登りでのスティープセクションの雪の付き具合、雪質のチェック、それと滑降時間に下部に登山者がいないことを十分に把握してから滑降して下さいね。








スポンサーサイト
  1. 2017/05/07(日) 17:36:35|
  2. ・Ski mountaineering
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017GW 奥穂高岳西面ダイレクト | ホーム | 2017 April 西穂高岳西尾根〜小鍋谷滑降>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skialpinist.blog92.fc2.com/tb.php/252-62d8f80c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

skialpinist

Author:skialpinist

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
・Andes (5)
・Ski mountaineering (170)
・Kurobe ski traverse (10)
・Alpine (48)

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR