未知へのシュプール   

     - Biography of a skialpinist-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2014 Sep. 早出川・広倉沢左俣

下田川内の華、広倉沢は是非とも遡らねばならぬ渓のひとつだ。
先週の飯豊・胎内の作四郎ゴルジュが陰なら、広倉沢のそれはまさしく陽。ゴルジュに煌めく光彩がひときわ眩しかった!

hiro1.jpg
広倉沢ゴルジュの門番、オヒロ淵。下田河内の流れの色はここにしかない碧。


hiro2.jpg
途切れることのない狭隘なゴルジュが続くが、明郎闊達。すこぶる快適だ。


hiro4.jpg
初日のハイライトは重ね淵の突破。



hiro5.jpg
左俣に入るとゴルジュの困難度はさらにあがるが、そのほとんどが突破できる。


hiro6.jpg
いよい広倉沢左俣の華、大滝の連瀑が始まる。先ずは下ノ大滝2段40m。
下段をクリア、上段は右リッジから3Pで小さく巻く。


hiro7.jpg
そして、上ノ大滝4段90m



hiro8.jpg
2段から上は高桑ルートで右巻き。


hiro9.jpg
艶っぱい大滝の連瀑が手に取るように俯瞰できる。これとてナイスラインだ。


hiro10.jpg
大滝は高度を一気に上げている。眼下には素晴らしい大空間が広がる。


hiro11.jpg
さらに続く渋い滝を幾つか越え、源頭は左にルートをとって五険谷の稜線へ飛び出す。
すこぶる爽快な渓だった。

う~ん、マンダーム! 広倉沢左俣最高!!





スポンサーサイト
  1. 2014/09/24(水) 17:04:58|
  2. ・Alpine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014 Oct. 御神楽沢奥壁 | ホーム | 2014 Sep. 飯豊・胎内川作四郎沢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skialpinist.blog92.fc2.com/tb.php/192-b7b72251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

skialpinist

Author:skialpinist

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
・Andes (5)
・Ski mountaineering (170)
・Kurobe ski traverse (10)
・Alpine (48)

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。