未知へのシュプール   

     - Biography of a skialpinist-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2014 Sep. 飯豊・胎内川作四郎沢

ゴルジュが凄いと一部マニアの中では噂のあの飯豊・胎内川作四郎沢に行ってきました。

それは二王子岳に突き上げる胎内川の一支流に過ぎぬが、あの流域面積にしてあの深いV字の彫り込みのゴルジュ、圧倒的な連瀑の数々は一見の価値がありました。奥胎内ダムの施工によりあと少しで埋没するかもしれない悲劇の作四郎。この目にしっかりと焼きつけてきました。

sakusiro1.jpg
のっけから幅2m、側壁が空高く立ち上がった圧倒的なV字ゴルジュが展開する。増水したらひとたまりもない。



sakusiro2.jpg
ここには一種独特な、異様な空気が漂う。その褶曲した地層を穿つ流れの中へと入り込んでゆく。



sakusiro11.jpg

sakusiro3.jpg
崩壊した雪渓に肝を冷やし、そしてスノーブリッジを潜る。




sakusiro4.jpg
行く手を阻む大蓮瀑。



sakusiro12.jpg
その幾つかは登り、幾つかは巻く。



sakusiro5.jpg
断続的に絶え間なく続くゴルジュ帯には大きな釜を持つ美瀑が連続する。




sakusiro6.jpg
作四郎はV字ゴルジュと連瀑の谷だ。



sakusiro7.jpg
時に滝はあまり好意的ではないかもしれない。黒くヌメるものも多い。



sakusiro8.jpg
遡行者はそれに必至に食らいつかねばならない。



sakusiro9.jpg
この手のV字谷は空に向かって無限に立ち上がる錯覚を覚える。



sakusiro10.jpg
作四郎よ、永遠なれ!



スポンサーサイト
  1. 2014/09/16(火) 16:47:39|
  2. ・Alpine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014 Sep. 早出川・広倉沢左俣 | ホーム | 写真展のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skialpinist.blog92.fc2.com/tb.php/191-a30757ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

skialpinist

Author:skialpinist

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
・Andes (5)
・Ski mountaineering (170)
・Kurobe ski traverse (10)
・Alpine (48)

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。