未知へのシュプール   

     - Biography of a skialpinist-

2013 GW 前穂東壁奥又白B沢

連休最終日は2001年に当時のRSSA最強メンバー4人でB沢(初滑降)、C沢(2nd)と同時滑降した記念のスティープラインを再訪。北尾根3・4のコルから前穂東壁直下、奥又白本谷へドロップ。

okumata0.jpg
アプローチの徳沢から前穂東壁を拝む。



okumata1.jpg
吊尾根の絶景をみながら前穂3・4のコルへ。バックのフェイスは2002年に前穂から涸沢への初滑降に成功した吊尾根ダイレクトライン。その後、誰か滑っているかな?



okumata3.jpg
コルからDフェース基部に向かってドロップ!




okumata4.jpg
インゼルに向かって大斜面を舞う。




okumata2.jpg
大迫力の前穂東壁に囲まれた異次元空間に酔う。学生の時に登攀したDフェイス都立大ルートの記憶がつい最近のことのように蘇る。



okumata5.jpg
そして再度B沢を落とす。



okumata6.jpg
陽光の中、実に素晴らしい大滑降になりました!






スポンサーサイト
  1. 2013/05/07(火) 12:45:33|
  2. ・Ski mountaineering
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2013 May 小蓮華岳南面左ルンゼ | ホーム | 2013GW後半 北ア・南岳東壁初滑降>>

コメント

最終日に良いとこ行きましたね。
こちらはバスターミナルまで2時間競歩でした。
  1. 2013/05/07(火) 19:11:01 |
  2. URL |
  3. mafia-s #d2MEY23E
  4. [ 編集 ]

両師匠、涸沢合宿お世話になりました。
ここの滑り出しは、生涯最高の斜度でした。
夢に出そうです。
  1. 2013/05/07(火) 20:07:47 |
  2. URL |
  3. SHO #tX1BiP8k
  4. [ 編集 ]

涸沢合宿お疲れさまです。
天候が思ったほど良くなかったですが何とか2本やれました。南岳、ソロ滑降になりましたがあの条件だと仕方ないですね。最大傾斜55度、湿雪スラフ処理、露出したアイスバーン、そしてラインどりが難しかったです。印象にのこる1本になりました。
奥又B沢も3.4コルからのワンピッチが核心で55度ありました。SHOちゃんよく滑った!インゼルからB沢は快適でした。
  1. 2013/05/08(水) 06:19:15 |
  2. URL |
  3. skia #LkZag.iM
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/05/08(水) 14:35:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skialpinist.blog92.fc2.com/tb.php/145-401dc0a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

skialpinist

Author:skialpinist

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
・Andes (5)
・Ski mountaineering (170)
・Kurobe ski traverse (10)
・Alpine (49)

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR