未知へのシュプール   

     - Biography of a skialpinist-

2013 Feb. Mt. Ontake

独立峰・木曽御岳山継子岳には数本の魅力的なスティープシュートがある。今回はその内の一つの北東シュート(マイアシュートバリエーション)を滑ってきました。
厳冬期は寒気と強風でなかなか条件の厳しいところですが雪質は実に素晴らしかった。

SANY0374.jpg
威風堂々の継子岳北東面。右の継子岳山頂から左斜め下に落ちるシュートが今回滑降したラインだ。



SANY0442.jpg
継子岳山頂から高度感のあるオープンスロープへとドロップ。



on1.jpg
スキーヤーズライトのワイドなシュートに入り込む。広大な新雪のフラットバーンが続く。




SANY0459.jpg
継続した下部のU字ライン。



on2.jpg
最高の雪質のシュートを標高2000mまで快適滑降。

御岳はビッグマウンテンですね。都合4回目のトライでグッドコンデションを掴み漸く目的達成!





スポンサーサイト
  1. 2013/02/28(木) 22:19:20|
  2. ・Ski mountaineering
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013 Mar. 焼岳中堀沢 | ホーム | 2013 Feb. ski training>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skialpinist.blog92.fc2.com/tb.php/136-601f6725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

skialpinist

Author:skialpinist

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
・Andes (5)
・Ski mountaineering (170)
・Kurobe ski traverse (10)
・Alpine (48)

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR