未知へのシュプール   

     - Biography of a skialpinist-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012 Oct. 御神楽岳湯沢右俣・正面スラブ

たぶん今シーズン最後の沢になるであろう週末にこれまた渋い御神楽岳湯沢の右俣・正面スラブに行ってきました。御神楽岳は10年以上前の同じ時期、会の集中で前ヶ岳南壁4ルンゼと湯沢・高頭スラブを登ってますが、このところご無沙汰していました。御神楽岳は奥壁本谷ルンゼが人気ですが、湯沢周辺はラインが結構複雑で、記録も比較的少なく、渋くてよい場所と再認識した山行になりました。

SANY0115.jpg
久しぶりの湯沢。前衛壁のように見えるところに第一関門の湯沢大滝がある。



_MG_1324sp4.jpg
湯沢大滝。10年前の記憶がつい最近のように蘇る。



SANY0118.jpg
フォローは快適に。




SANY0128_20121021185057.jpg
大滝上部は左岸のトラバースラインで二俣に至る。そこから湯沢の右俣と目される正面スラブにルートを決める。



SANY0135.jpg
右俣の門番の20mの滝が立ち塞がる。



SANY0174.jpg
3ピッチで連瀑を越え、広大な正面スラブへと侵入する。



SANY0168.jpg
スラブには雪崩で削られた岩盤の造形美が展開する。



SANY0177_20121021185848.jpg
最後は垂直のブッシュワークで稜線に這い上がる。

湯沢右俣は緊張感のある2つの滝の登攀と湯沢奥壁を見渡しながらの解放感のあるスラブ登りが楽しめ、なかなかの好ルートでした。これにてシーズン無事終了!








スポンサーサイト
  1. 2012/10/21(日) 19:24:22|
  2. ・Alpine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012 Nov. 立山スキーこと初め | ホーム | 2012 Oct. 上越・登川金山沢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skialpinist.blog92.fc2.com/tb.php/121-50478375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

skialpinist

Author:skialpinist

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
・Andes (5)
・Ski mountaineering (170)
・Kurobe ski traverse (10)
・Alpine (48)

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。