未知へのシュプール   

     - Biography of a skialpinist-

2017 Feb. 妙高山東壁中央ルンゼ

頸城の岳人、故・蟹江健一さんから課せられた妙高東壁スキー滑降。
3年前に向かって左の通称ランペルートを落としたが、もう一本滑らなくてはならぬラインがあった。
三角点ピークから落ちる東壁の顕著なスティープライン、中央ルンゼ。厳冬期ラストチャンスの本日、ソロで滑走に成功しました!
妙高東壁1
さすが頸城のジャイアンツ、妙高山2445mの東面にはしっかりとパウダーが温存されていた。


妙高山東壁中央ルンゼ2
中央ルンゼ滑降ライン

厳冬期コンプリート初滑降は2005年2月にアスターク同人の石野徳幸氏によって成されているが、以降滑走者はまだ数名であろう。このラインはコンデションを掴むのが難しく、トレイン的にもなかなかに手ごたえのある標高差600mのハードルートであった。




スポンサーサイト
  1. 2017/02/28(火) 21:54:02|
  2. ・Ski mountaineering
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

skialpinist

Author:skialpinist

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
・Andes (5)
・Ski mountaineering (170)
・Kurobe ski traverse (10)
・Alpine (48)

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR