未知へのシュプール   

     - Biography of a skialpinist-

2010 Sep. 黒部別山左俣本谷

2005年3月のスキー初滑降以来となる黒部別山東面に行ってきました。無雪期はなかなかに渋い、スケールの大きい沢登りとクライミングのミックスエリア。地形図からは読みとれない空間的な広がりと周囲の景色の素晴らしさが満喫できる。

ルートは大スラブからR3が一般的ですが、近年記録の少ない代表的な黒部別山谷左俣本谷へと足先を向ける。
スラブ大滝の連瀑が大迫力のルート。大スラブの登攀、滝の直登、側壁登攀、渋い巻きと久しぶりに完全燃焼しました。
パートナーのスドーちゃん有り難う!

SANY0028.jpg

黒部別山谷出合のトンネル


SANY0055.jpg

下部の関門F2を越え左俣上部へと侵入する


SANY0075.jpg

R3、右は大スラブ



SANY0068.jpg

R3出合でまったりと過ごす



SANY0078.jpg

2日目、F4、80mスラブ滝は右岸の大スラブ側壁を6ピッチの登攀



SANY0089.jpg

スラブ滝上部へ懸垂下降


SANY0094.jpg

ドーム東壁に続くR4をわける



SANY0116.jpg

花崗岩の快適な連瀑を登攀する



SANY0124.jpg

F9、直登できたかもしれないが・・・



SANY0128.jpg

F10上からさらに上流を見上げる。今夜はここでまたしても焚火でまったりする。



SANY0133.jpg

最終日は小雨の中、まだまだ続く滝を攀じる



SANY0136.jpg

二俣直下、最後の難関F12は本谷左稜を登攀してクリア


SANY0148.jpg

さらに二俣上部本谷を登って南峰のコルへ到達。帰路は藪こぎのデザートを堪能しハシゴ谷乗越経由でダムまで


SANY0157.jpg
 
ガスに煙る内蔵助平。
うーん、なかなかに渋い山行だった



スポンサーサイト
  1. 2010/09/21(火) 12:41:14|
  2. ・Alpine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

skialpinist

Author:skialpinist

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
・Andes (5)
・Ski mountaineering (170)
・Kurobe ski traverse (10)
・Alpine (48)

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR