FC2ブログ

未知へのシュプール   

     - Biography of a skialpinist-

2019 Sept. 朝日連峰・荒川毛無沢右俣

 奥利根のレアもの・割沢の次になぜか登れずにいた下田河内・ガンガラシバナ~割岩沢の周回を首尾よく済ませ、欲が出てきました。そろそろ本命をやろうかなと・・・。ターゲットに選んだのは朝日・荒川の毛無沢右俣。この沢の記録は登山体系にある1980年代初頭のずんべの初遡行と近年は2009年8月の名古屋ACCのみ(彼らは下部は全巻き)。ここを雪渓消えが期待されるであろう秋口に果たして本谷通しで取り付けるか、そして連バク帯が続くと言われる滝登りがどの程度試せるか、不確定要素の高いこのルートには課題はまだ在る。
 結果は・・・大当たりだった。本谷ゴルジュの堅牢な側壁に弱点を見出し、中間部のトイ状の滝を除いてあとはすべての滝が登れた。本谷ゴルジュから続く下部連バク帯は標高差300m以上途切れることはない。嬉しいかな、好意的な滝も多く花崗岩にハーケンが歌う。久しぶりに野性味と心地よい緊張感を味わった会心の山行になった。登った滝の数は過去最高、通算第3登だろうか。

毛無2
毛無沢本谷F1

毛無3
右俣中間部の連バク帯

毛無しブログ4
まだまだ続く滝

初日のアプローチは本谷ゴルジュ経由。このゴルジュ、常に崩壊していて危険、長居は無用だ。ロープ使用の滝2本で右俣の50mの出合滝が見える地点へ。水線付近は側壁立ち過ぎで登れない。やや下部にスラブ状ランぺラインを見いだしゴルジュを脱出。さらに直上+トラバース、懸垂で右俣F1、50m滝の落ち口上へ。ここから標高差200mの蓮バク帯を一気に、下から合計15P登って夕暮れまじか、左岸上部にあがり草付きのわずかなスペースでビビ。
2日目は唯一のぼれないトイ状の滝を巻いて懸垂で沢身へ。ここからフリーとロープ使用10Pを越える登攀で袖朝日岳稜線直下150mまで。あとはロープをしまってヤブコギ少しで稜線へ。最後まで登攀系の沢で充実しました。
毛無ブログ1
毛無沢出合から袖朝日まで標高差950m、ピッチグレードA1,4+ グレード4級上。三つ星。
これで、無雪期も完全復活と言えるかな。サリュ!








スポンサーサイト



  1. 2019/10/12(土) 15:46:21|
  2. ・Alpine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019 Aug. 奥利根・割沢〜楢俣川

残暑見舞い申し上げます。

富士山での山スキー終了後、クライミングを始動。ジムで11半ばまで戻し実践復帰。
日帰りの沢の調整を経て、ようやく2泊3日の沢登りまで復活させることができました。

復帰戦は6年振りの奥利根へ。まだ登っていなかった湖岸の隠れた茗渓・割沢をセレクト。奥利根らしい明るく闊達なゴルジュの渓相を堪能しました。

割沢1

割沢3

割沢2

割沢4

割沢5
割沢は小粒ながら基本V字ゴルジュ。悪いSBあり、ゴルジュ突破ありで奥利根らしい明朗闊達な渓で楽しめました!


割沢6
下降はこれまたナメの美しい楢俣川へ。ここは何時来ても綺麗ですね。

これにてリハビリ山行は終了。次回からはいよいよ本番に突入しますよ〜





  1. 2019/08/18(日) 10:45:22|
  2. ・Alpine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017.Oct. 幽ノ沢左俣滝沢

皆様ご無沙汰しております。ご機嫌よろしゅう。久しぶりの更新です!
グリーンシーズンも沢中心にぼちぼちやっておりました。

幽ノ沢滝沢1
こちらも久しぶりの谷川・幽ノ沢。まだ登ってなかった左俣滝沢大滝を片付けて参りました。
今年一番の紅葉の中、快適に登攀してきました。

いやー2017‐18ウィンターシーズンもすぐそこですね〜ホント早いもんです。
今シーズンも気合い入れて頑張りま〜す!







  1. 2017/10/23(月) 12:34:53|
  2. ・Alpine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016 Autumn 谷川岳一ノ倉沢本谷

すっかり秋になりました。
久しぶりに雪が消えたのでまだトレースしていなかった一ノ倉本谷下部へ。

一ノ倉沢大滝
大滝は意外にもムーブを要求された面白いクライミングになりました!

一ノ倉沢本谷は2006年3月初旬にソロでスキー滑降していますが、今回無雪期にトレースして当時の事を思い出し、なかなか感慨深いものがありました。


  1. 2016/10/10(月) 19:32:36|
  2. ・Alpine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016 Aug. 釜川左俣

釜川三部作のフィナーレは会の若手と渋い左俣へ

kama1_20160818093049210.jpg
第一ゴルジュ、のっけから渋い登り。



kama2_20160818093051007.jpg
F3が結構悪い。

核心の第三ゴルジュの滝をぬめりで巻いたほかはすべて突破。
釜川三本ではこの左俣がやはりグレード高いですね。合宿前の山行として充実しました!

  1. 2016/08/18(木) 09:36:14|
  2. ・Alpine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

skialpinist

Author:skialpinist

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
・Andes (5)
・Ski mountaineering (187)
・Kurobe ski traverse (10)
・Alpine (51)

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR