未知へのシュプール   

     - Biography of a skialpinist-

2013 March 黒部横断スキー

このところ一気に春めいてきていよいよ黒部横断の季節がやってきました。12回目のスキー横断となる今回は蓮華岳から南西面の未知の蓮華谷(仮称)を滑降し、針ノ木谷からクラシックなザラ峠越えのラインをトレースしました。

SANY0699.jpg
先週の馬鹿陽気で普段ないデブリが針ノ木谷にあった。



SANY0734.jpg
やはり剱は絵になりますね。




SANY0753.jpg
蓮華岳から未知の蓮華谷(仮称)にトラックを刻む。スティープセクションもあり、緊張感のある滑降ができました。




SANY0773.jpg
2004年以来9年ぶりの黒部川の徒渉。雪解けは急速に進んでいるようです。



SANY0785.jpg
黒部湖は広大な雪原になる。いつ来ても感動する光景だ。



SANY0791.jpg
中ノ谷のゴルジュ。



SANY0822.jpg
ザラ峠からの滑降。



SANY0837.jpg
前回は湯川谷のインクラインに翻弄されたが今回のルーファイは完璧だった。




SANY0850.jpg
ゴールの立山駅にて。これにて2泊3日の黒部横断は無事終了。


蓮華岳から新ラインの蓮華谷の滑降は周囲の景観もよく予想以上に面白かった。当初はさらにプラスもうひとひねりのプランだったが、やはり黒部は一筋縄ではいきませんね。次回に持ち越しです。

3月の横断はやはり良いですね!久しぶりに充実の3日間となりました。







スポンサーサイト
  1. 2013/03/18(月) 22:40:55|
  2. ・Kurobe ski traverse
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2003 March 黒部川S字峡スキー横断(Across the universe)

2003年3月、3回目の黒部スキー横断。亀岡岳志と二人で鹿島槍から黒部川S字峡を横断して剣岳に迫った会心の山行だった。

s-0.jpg
2日目、予定通り黒部川に到達。雪崩の押し出しで見事に架かったS字峡のスノーブリッジを渡る。



剣岳仙人山付近にて
3日目、稜線漫歩。裏剣の絶景を欲しいままに。



S-1.jpg
そして小窓からフィナーレを飾る白萩川の大滑降!




  1. 2011/06/17(金) 23:02:47|
  2. ・Kurobe ski traverse
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2011 GW黒部川奥ノ廊下横断スキー2

GWの実質4日間、11回目の黒部横断スキー(奥黒部)で課題の薬師岳東壁2ルンゼと水晶岳南峰西面クーロワールの2つの初滑降に成功し、昨年の雪辱を果たしました。2本ともなかなか素敵な滑降ラインです。


yakushi1.jpg

初日、北ノ俣岳から太郎小屋に向かって滑るSHO氏。



suisyo1.jpg

太郎小屋から夕日に染まる水晶岳西面。



yakusi2.jpg

2日目、薬師岳東壁2ルンゼエントリーポイント。最大48度、黒部川までの標高差1000mオーバーの立派なルンゼだ。



GWyakusu1.jpg

黒部川に向かってドロップイン!巨大雪庇を背負いながらの滑降はなかなかリスキーだ。(photo by SHO)



_MG_0701.jpg

大きくひらけたルンゼ中間部はソフトデブリでやや荒れていた。(photo by SHO)



yakushi2.jpg

黒部川に向かってルンゼ下部に滑りこむSHO氏。復活の滑り。



tateishi1.jpg

下部ゴルジュから俯瞰する奥黒部の主、立石奇岩と黒部川悠久の流れ。



_MG_1022.jpg

3日目、水晶岳にアタック。バックは昨日滑降した薬師東壁。(photo by SHO)



薬師東壁

水晶岳稜線からの薬師岳東壁。(真ん中のP2786からダイレクトに落ちるのが2ルンゼのライン, photo by SHO)



_MG_1043.jpg
山頂までまだ距離がある・・・どのラインを滑るか・・・それが問題だ。(photo by SHO)




suisyo3.jpg

北アのコアに君臨するビッグマウンテン、水晶岳は俺の大好きな山のひとつだ。この山は麓からは見えない。
99年に双耳峰のど真ん中東面中央ルンゼを滑降し、次なる課題が西面であった。ここのコンデションは難しい。今回ようやく念願がかなった。



sui2.jpg

タイムリミットギリギリで南峰2986m直下のエントリーポイントに到着。正面に黒部五郎が見える。



suisyo4.jpg

滑降した水晶岳南峰西面クーロワール(正面)。 水晶岳の西面はアルペン的な様相を呈する。
上部は気の抜けない岩混じりのハードバーンだったが、徐々に快適なザラメ滑降となる。最後はボトムまで広大なバーンを大パラでぶっ飛ばした。満足のゆく滑りができた。



水晶1

水晶西面SHO

(写真上)南峰から右に落ちるクーロワールが今回ソロで滑ったライン。標高差約700m、最大傾斜は48度。
     パートナーの2名は北峰の左肩から繋がる幅広ラインを滑った。どちらも初か。
(写真下)右のピークが南峰、直下の斜面がエントリーポイント。(photos by SHO)



_MG_9802.jpg

水晶岳西面の滑降を無事終了し、岩苔小谷にてくつろぐ。(photo by SHO)



この薬師南東稜P2786から2ルンゼを滑り立石奇岩で黒部川を横断するラインは奥黒部では一番すっきりしている。これに水晶岳を加えて今回も充実した山行になった。



黒部ラスト2011

これで記念すべき10ライン目の黒部スキー横断行(11回目)が達成できました。
同行したパートナーの2名に感謝。 (左俣林道ゲートに無事生還!)


  1. 2011/05/08(日) 23:56:22|
  2. ・Kurobe ski traverse
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2009 March 大スバリ沢からの黒部湖横断(2回目)

時間があったので2009年の黒部横断スキーアップします。
自分的には同じラインを2度行くことは少ないのですが、このラインは特別です。すべてが素晴らしい黒部横断スキーの中でも一押しのライン。

ゲート~針ノ木雪渓~マヤクボのコル~スバリ岳~大スバリ沢右俣~黒部湖横断~御山谷~立山雄山~山崎カール~室堂~室堂乗越稜線~立山川~イオリ

大スバリ沢、山崎カール、立山川の3本の大滑降が無理なく楽しめ、登高もテクニカルな技術はいっさい必要なし。

2001年に澤田実氏と黒部湖スキー横断最初のラインとして引き、2006年に雑誌の取材で滑落事故を起こした因縁のルートでもあります。2001年の時は大スバリ沢大滝の処理がいまいちだったのでもう一回行きたいと思っていました。2006年時はスバリ岳からバリエーションであるクーロワールの滑降を考えていたのですがアイシーコンデションで断念し、ノーマルラインにエスケープした際、大スバリ沢最上部でスノーカバード・アイスにやられました。

20009年3月は後半に低温降雪が続き、連休明けにK君と敗退覚悟で入山しましたが幸運なことに安定した積雪で3日間パウダー三昧の黒部横断となりました。


09kurobe1.jpg

針ノ木雪渓にて。何度も雪を調べた。



09kurobe15.jpg

スバリ岳稜線からの剣。


[広告] VPS



09kurobe2.jpg

圧巻の大スバリ沢奥壁。ここは思い入れのある場所だ。



09kurobe4.jpg

大滝はスキーヤーズレフトのルンゼを登って左岸支尾根を乗越すと反対側に幅広のルンゼがある。



09kurobe5.jpg

初日は出合で泊って、黒部湖は早朝横断に限る。



09kurobe6.jpg

立山稜線から純白の奥大日。

[広告] VPS




kuorbe8.jpg

どこまでも続くバージントラック。



kurobe9.jpg

雷鳥平での寒い夜に耐え、3日目、夜明けとともにツエルトを飛び出し最後の滑降に向かう。
奥大日のモルゲンロートが美しかった。

[広告] VPS





kuorbe10.jpg

9回目のスキー横断を無事終え、イオリへ向かう林道にて。背後に大窓が見える。
今回も素晴らしい横断山行だった。(写真はすべてK君による)


  1. 2011/03/21(月) 12:10:37|
  2. ・Kurobe ski traverse
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2005 March 黒部別山東面から白龍峡横断スキー

2005年は当たり年だった。奥利根横断を無事成功させ、次の目標は北ア核心部のビッグルート、あの黒部別山の東面を滑降して白龍峡から黒部川を横断することだった。メンバーはカメ氏のほか、戸隠PCでサンナビキの梶さんと文祥を誘った。当時考えうる最強のメンバーだったといえよう。


別山滑降ライン
黒部別山・別山沢左俣主峰ルンゼの滑降ライン (故・伊藤達夫氏より大ヘツリ尾根初登時の写真のご提供を受けた)


hakuryu8.jpg

黒部別山主峰ルンゼ核心部のダウンクライミング。

このパラパラアニメ、俺の宝物です。カメちゃんサンクス!
http://field2007.la.coocan.jp/movie/050320kski.html

今考えると一発で決められたのは運も味方したと思う。


hakuryu1.jpg

白龍峡でガッツポーズの俺様。


2別山
これが雪黒部・黒部川の遡行だ。



  1. 2011/02/23(水) 14:50:53|
  2. ・Kurobe ski traverse
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

skialpinist

Author:skialpinist

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
・Andes (5)
・Ski mountaineering (166)
・Kurobe ski traverse (10)
・Alpine (48)

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR