FC2ブログ

未知へのシュプール   

     - Biography of a skialpinist-

今シーズンのギアは?

剣2011
昨年5月中旬剣岳インデアンクーロワール取り付きにて、シーズンのラストチャンスに賭ける

山岳スキーのマテリアル、いろいろと選定に悩みますね。4シーズン本チャンで愛用し、ハード滑降を支えてくれたベクターグライド・コルドヴァのベントがついに変形してしまい修理不能に。月山のコブ滑ったのが悪かったかな・・・気に入ってたんですがね~ガクン。

  1. 2011/11/25(金) 12:39:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Green season is finally coming.

green2.jpg




  1. 2011/06/25(土) 14:36:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元気出そう!

来週オイラは山に入りますよー。


hirayu1.jpg

オリャ! (Photo by SHO)



hirayu3.jpg

イャーッ! (Photo by SHO)



bai2.jpg

Hello Goodbye ! ( a self-portrait just after ski descent of Mt. Kaerazu Ⅱ,retouched by SHO )


  1. 2011/03/21(月) 02:23:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TLT5 Performance (carbon)

今シーズンから使っているTLT5のここまでの評価をレポートします。

1.滑降フレックス:前後=100程度、サイド=110以上
2.歩行性:いままで私が履いたATブーツの中で最高の歩行性能です。とくにリムーバブルなタンにより、これを外すと板を前に出したときに脛への硬いあたりがなくなり足だしが非常に楽です。
3.アイゼンとの相性:愛用しているペツルの10本歯のサイドロックを使用しましたが、問題なし。ややトゥのコバの出方が少ないのでアイゼンの金具の形状に相性があるかもしれません。
4.扱いやすさ:ロック方法はいたって簡単、リリースも問題なし。
5.その他:私はインナーはZERO4のものを流用しています。ブーツサイズは1サイズ上がよいと思います。ブーツ幅が細めなのでそうしてますが、指のあまりは気にならない程度です。またこうすることにより従来のTLTビンディング位置で対応できます。

tlt5-1.jpg

ベロをはずしているところ。ZERO4インナー(サーモ)とベロ含めてサイズ27.5cmで実測1217g(片方)


TLT5-2.jpg

これがバックルにロック機構を付けた画期的なウルトラロックシステム。流石です。よく考えましたね。



TLT5-3.jpg

カーボンシェルの内側にインナーカフがありそこにジュラルミンのロックウィンドウがしっかりと固定されています。繊維入りのカーボンシェルは軽量でかなりの剛性があります。

TLT5-4.jpg

簡単に脱着が可能なベロ(左右があります)とイエローのおにぎり君・・・これがやはりすぐれものでビスのところで5mmくらい歩行のときに可動する・・・いわゆるジャバラの次世代版か。これによりクライミング性能もアップすると思われる。今後アイスクライミングでチェックするつもり。あとついでにつま先とかかとのイエローラバーは交換できるそうです。岩ですり減ったら交換できますね。

ということで今のところ大満足してます!



  1. 2011/01/17(月) 22:50:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Rock & Snow 冬号

12月に出るRock & Snow 冬号で依頼された海外の山岳スキーに関する記事、やっと書き終わりました。ふっー。スノボードアルピニストの加藤直之ガイドと一緒に仕上げた力作です!(時間もっとほしかったですよ・・・編集長!)まあ、是非ご覧になってください。

資料整理していて2006年のペルーブランカ山群・スキーエキスペディション第二弾のワスカラン北峰(6655m)滑降時の写真見つけたのでアップします。この時は山頂直下でのソフトスラブアバランチで惜敗。山頂からの滑降はなりませんでしたが、なかなか良い雪が楽しめました!

ワスカラン北峰

ワスカラン北峰の初滑降はなんとあのミゾーさんこと溝淵三郎さんです。1976年、北米クライミングツアーの際に達成。最近当時の記録を本にまとめて再出版してます。「冒険の蟲たち」なかなかよい本ですよ。こちらも興味ある方は是非。



ワスカラン北峰を滑る

うーん、グッド。この時の使用ギアはディナフィットTLTとFR8.0。アンデスでのクライム&ライドにはベストマッチでしたね。

ブログのアンデススキーも書き加えたのでご覧ください。



  1. 2010/11/13(土) 16:25:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ

プロフィール

skialpinist

Author:skialpinist

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
・Andes (5)
・Ski mountaineering (193)
・Kurobe ski traverse (10)
・Alpine (51)

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR